当院について

~まだまだこれから 光輝く 老後を目指すお手伝いを~

医療の発達により平均寿命が延び、90歳、100歳近くまでご存命の方々も珍しくありません。90代でも元気に通院されている方もいれば、若くても介護を必要とされる方もおられます。当院では、日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命を維持し、自立した生活ができる生存期間である健康寿命を延ばすことを使命とし、そのお手伝いをさせていただきたいと思います。

院長あいさつ

院長 野田 久嗣

天白橋クリニックの院長となりあっという間に半年が経ちました。新型コロナウイルスが流行する年に開業というとんでもない試練からのスタートでしたが、患者さん、スタッフ、業者さん、その他の関係者の皆様のご理解、ご協力のおかげで順調に運営を開始できております。今後とも天白橋クリニックをよろしくお願いいたします。

さて、当院の理念ですが、スタッフ、患者さんを含めクリニックに関わる方々全員の時間を大切にしたいと考えております。

1. 患者さんの将来の健康でいられる時間を大切に

高血圧、糖尿病、高脂血症など生活習慣病のコントロール、骨粗しょう症の予防により、将来の脳卒中や心筋梗塞、寝たきりのリスクを減らす。

生活習慣病は自覚症状がありませんが突然脳卒中や心筋梗塞を引き起こし、予期せぬ入院やその後の生活の質の低下をもたらします。また、骨折は長期の入院をきっかけに寝たきりになり、認知症が進んでしまうことがあります。生活習慣病のコントロールにより、将来的な入院期間を短くし、また骨粗しょう症治療を通して骨折のリスクを軽減し健康寿命を長くしたいと考えております。

胃カメラ、大腸カメラを通して胃癌、大腸癌を早期発見し、早期治療に繋ぐ。

例えばこれをご覧になった皆さんが今すぐ胃カメラや大腸カメラをやったとすると、その中に一定の確率で胃癌や大腸癌が見つかります。症状が出るまで放置した時より数段早いステージで発見される可能性があります。その分根治の確率も上がりますし、生存年数も長くなり、入院日数な短くなるでしょう。これは極端な例ですが、胃がん検診や大腸がん検診を通して、また、心配になったタイミングで気軽で速やかに内視鏡検査を提供することにより、一つでも早いステージで癌を見つけたいと思っております。癌がなかった方でも胃でしたらピロリ菌の有無、大腸だったらポリープの有無、個数などから今後の胃癌、大腸癌のリスクがわかります。

2. 患者さんがクリニックに関わっている時間を大切に

当院では予約を24時間取れるようにネット予約を導入、もちろんお電話でも(インフルエンザ予防接種の時期は大変混雑しご迷惑をおかけしております)予約をお受けしております。インターネットやお電話が苦手な方はお帰りの際に受付にて承ります。予約枠はある程度余裕を持って設定しており、ご予約にて来院いただいた患者さんは極力お待たせせずに診察可能です。働く世代が今後通院を必要とする時、できるだけ通院が負担にならないようお力になりたいと思っております。

待ち時間や滞在時間を短くする努力もしておりますが、一方当院では疲労回復や美容目的の点滴がご好評をいただいております。点滴の際はアロマの効いたお部屋で足を伸ばしてリラックスしていただけるお時間を提供できるよう配慮しております。ぜひ一度お試しください。

3. スタッフの時間も大切に

患者さんに満足いただける対応をするためにはスタッフにも疲れを取って仕事に臨んでもらう必要があります。そのため、当院では受付終了時間を早めに設定し、残業時間はほとんどない運営を実現しております。余談ですが、ジムの補助も出してスタッフの健康に気を遣っております。

時間は誰にでも平等に与えられていますが、使い方によってはとても不平等になります。あの時受診してよかった、検査しといてよかったという方を増やし、あの時病院行っとけばよかったという後悔を少しでも減らせられるよう、医療法人として原駅前の健康と安心を守っていければと思っています。

令和2年10月20日
天白橋クリニック
院長 野田 久嗣

略歴

1981年
12月生まれ
2000年
3月東大寺学園高等学校卒業
2006年
3月兵庫医科大学医学部医学科卒業
2006年
4月愛知県厚生連尾西病院(現稲沢厚生病院)初期研修医
2008年
4月総合大雄会病院消化器内科
2010年
4月愛知医科大学消化器内科
2015年
4月愛知医科大学消化管内科助教
2016年
3月愛知医科大学大学院早期修了(3年)
2017年
4月クリニック勤務
2018年
1月聖霊病院 内科医長
2020年
4月天白橋クリニック院長

資格

  1. 内科認定医
  2. 消化器病専門医
  3. 消化器内視鏡専門医
  4. がん治療認定医
  5. 医学博士

論文(筆頭著者)

  1. Risk factors for bleeding evaluated using the Forrest classification in Japanese patients after endoscopic submucosal dissection for early gastric neoplasm.
    Noda H, Ogasawara N, Izawa S, Ozeki T, Yanamoto K, Okaniwa N, Tanabe A, Sasaki M, Kasugai K.
    Eur J Gastroenterol Hepatol. 2015 Sep;27(9):1022-9. doi: 10.1097/MEG.0000000000000419.
  2. Thread-Traction with a Sheath of Polypectomy Snare Facilitates Endoscopic Submucosal Dissection of Early Gastric Cancers.
    Noda H, Ogasawara N, Koshino A, Fukuta S, Nagoya T, Hoshino H, Nagao K, Sugiyama T, Kondo Y, Ito Y, Izawa S, Ebi M, Funaki Y, Sasaki M, Kasugai K.
    Gastroenterol Res Pract. 2016;2016:9415497. doi: 10.1155/2016/9415497. Epub 2015 Dec 30.
  3. The Influence of Snare Size on the Utility and Safety of Cold Snare Polypectomy for the Removal of Colonic Polyps in Japanese Patients.
    Noda H, Ogasawara N, Sugiyama T, Yoshimine T, Tamura Y, Izawa S, Kondo Y, Ebi M, Funaki Y, Sasaki M, Kasugai K.
    J Clin Med Res. 2016 Sep;8(9):662-6. doi: 10.14740/jocmr2646w. Epub 2016 Jul 30.
  4. A Novel Potassium-Competitive Acid Blocker Improves the Efficacy of Clarithromycin-containing 7-day Triple Therapy against Helicobacter pylori.
    Noda H, Noguchi S, Yoshimine T, Goji S, Adachi K, Tamura Y, Izawa S, Ebi M, Yamamoto S, Ogasawara N, Funaki Y, Sasaki M, Kasugai K.
    J Gastrointestin Liver Dis. 2016 Sep;25(3):283-8. doi: 10.15403/jgld.2014.1121.253.7hp.
  5. Successful Endoscopic Submucosal Dissection of a Large Terminal Ileal Lipoma.
    Noda H, Ogasawara N, Tamura Y, Kondo Y, Izawa S, Ebi M, Funaki Y, Sasaki M, Kasugai K.
    Case Rep Gastroenterol. 2016 Oct 6;10(3):506-511. eCollection 2016 Sep-Dec.
  6. 胃と腸 Vol.49 No.3
    主題症例粘膜下腫瘍様形態を呈した直腸孤立性ALアミロイドーシスの1例(野田 久嗣・他)

院内設備

入口サイン

入口サイン

受付

受付

待合室

待合室

診察室

診察室

処置室

処置室

処置室

処置室

レントゲン室

レントゲン室

点滴ルーム

点滴ルーム

内視鏡フロア(2F)

内視鏡フロア(2F)

更衣室

更衣室

トイレ

トイレ

前処置室

前処置室

内視鏡室

内視鏡室

リカバリールーム

リカバリールーム

入口南側

入口南側

入口サイン 受付 待合室 診察室 処置室 処置室 レントゲン室 点滴ルーム 内視鏡フロア(2F) 更衣室 トイレ 前処置室 内視鏡室 リカバリールーム 入口南側

医療機器

超音波画像診断装置

超音波画像診断装置

X線撮影装置1

X線撮影装置1

X線撮影装置2

X線撮影装置2

デジタルX線画像読取装置

デジタルX線画像読取装置

デジタルX線画像診断システム

デジタルX線画像診断システム

消化器内視鏡ビデオスコープシステム

消化器内視鏡ビデオスコープシステム

内視鏡ビデオスコープ

内視鏡ビデオスコープ

内視鏡洗滌消毒装置

内視鏡洗滌消毒装置

生体情報モニター

生体情報モニター

心電計

心電計

AED

AED

デンシメトリー分析装置

デンシメトリー分析装置

血液検査器

血液検査器

小型尿分析装置

小型尿分析装置

超音波画像診断装置 X線撮影装置1 X線撮影装置2 デジタルX線画像読取装置 デジタルX線画像診断システム 消化器内視鏡ビデオスコープシステム 内視鏡ビデオスコープ 内視鏡洗滌消毒装置 生体情報モニター 心電計 AED デンシメトリー分析装置 血液検査器 小型尿分析装置

紹介医療機関

  1. 名古屋記念病院
  2. 名古屋第二赤十字病院
  3. 聖霊病院
  4. 名古屋大学病院
  5. 名古屋市立大学病院
  6. 藤田医科大学病院
  7. 愛知医科大学病院
院長 野田 久嗣
診療科目
内科 小児科 消化器内科 内視鏡内科
住 所
〒468-0015
愛知県名古屋市天白区原1丁目102
アクセス
名古屋市営地下鉄鶴舞線
「原」駅より徒歩約2分
お問合せ
  WEB予約
お支払い
キャッシュレス決済も可能 詳しくはこちら
【受付時間】[午前の部] 8:20-11:45、[午後の部] 15:50-18:45
【検査】13:00-15:00
【休診日】木曜、土曜午後、日曜、祝日
クリニック継承により2020年4月1日より、診療時間が上記の通り変更になります。
診療時間 日 祝
8:30-12:00
16:00-19:00
PAGE TOP
  1. お問い合わせ052-808-7201