名古屋天白区にある天白橋内科内視鏡クリニックは原駅から徒歩2分で駐車場もあります。名古屋天白区にある天白橋内科内視鏡クリニックは原駅から徒歩2分で駐車場もあります。

ブログ BLOG

胃カメラとはどのような検査?専門医がお答えします。

みなさんお待たせしました。お待たせし過ぎたかもしれませんし、誰もお待ちではないかもしれません。

名古屋市天白区の内科、消化器内科、消化器内視鏡、胃カメラ、大腸カメラ、コロナの検査、コロナワクチン、日帰り大腸ポリープ切除といえば天白橋内科内視鏡クリニックの院長野田です。
https://tenpakubashi-cl.com/staff/

尚、スタッフ募集中です。

https://tenpakubashi-cl.jbplt.jp/

今回は「胃カメラ」についてです。

胃カメラのイラスト画像


胃カメラってどのような検査?など疑問や不安に専門医がお答えします。

多くの人に「胃カメラ」として認知されている上部消化管内視鏡検査ですが、「苦しいのではないか」「別に体調は悪くないので受けなくてもよいのではないか」「危険ではないか?」というような疑問や不安をもたれる患者様も時々いらっしゃいます。

実は、胃カメラ(上部内視鏡検査)は胃などの消化管の多くの疾患を高い感度で見つけ出すことのできる非常に診断価値の高い検査でありながら、短時間で安全に実施できる優れた検査です。

今回はそんな胃カメラ(上部内視鏡検査検査)の検査内容や大切さについて解説してきます。


①「胃カメラ」とは?どこの検査?

よく耳にする「胃カメラ」、正式には「上部消化管内視鏡検査」といいます。

上部消化管内視鏡検査は内視鏡とよばれる細くて長いカメラを口から食道へ挿入して消化管を観察する検査です。消化管の内視鏡検査には上部と下部があり、上部の検査では食道、胃、十二指腸を、下部の検査では大腸を観察します。

つまり「胃カメラ」では、食道、胃、十二指腸を観察し以上の有無を調べる検査になります。





②「胃カメラ」でどんな病気が発見できる?

「胃カメラ」は、食道や胃、十二指腸へ直接カメラを挿入して、粘膜を見ることができる検査ですので粘膜の異常を見つけることが得意な検査です。

出血や潰瘍、癌(がん)などの腫瘍、炎症、静脈瘤など多くの疾患を見つけ出すことができます。

癌(がん)を疑うような腫瘤(しゅりゅう)があれば、カメラの先から鉗子を出して組織をつまみ取り、顕微鏡で確認することで詳細な診察をすることができます。ポリープやごく早期の癌(がん)をカメラの先からデバイス(器具)を出して切り取ることもできます。


胃カメラ検査をする医師の画像

③「胃カメラ」ってやった方がいいの?


今や国民の2人に1人が癌(がん)にかかる時代で、その中でも胃癌は罹患数2位、死亡数3位と多くの方がかかる疾患となっています。

早期に発見すれば高い確率で根治(根本から完全に治すこと)が望めますが、早期には症状に乏しいことも多く定期的に内視鏡を行い、腫瘍がないかを確認することは胃癌の早期発見のために重要です。

他にも胃潰瘍や胃炎など多くの方がかかる疾患を検出することができますので、最近胃の調子がわるいと言うような自覚症状がある方もぜひ検査を受けることを検討してください。

胃カメラの器具の画像


④「胃カメラ」はつらい?


胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)を行ったことがない人の中には「つらいのではないか」「危ないのではないか」という疑問を持つ方や、家族や知人から「胃カメラがものすごくしんどかった」という話を聞いて、胃カメラ検査を受けるのを躊躇(ちゅうちょ)しているという方もいらっしゃるかもしれません。

胃カメラのしんどさの原因となるのは多くの場合嘔吐反射です。

ヒトは舌の付け根を刺激すると反射的に「オエッ」となり、これを嘔吐反射といいます。

この嘔吐反射の出方には個人差がありますので、検査を受けても全く平気という方もいらっしゃいますが、一度受けたあとに「二度と受けたくない」と言われる方もいらっしゃいます。なるべくしんどくない検査を受けたいという場合には、まず経験豊富な医師の在籍し、多くの内視鏡検査を実施している医療機関で検査を受けることがおすすめです。

当院では検査に当たる医師はすべて内視鏡専門医です。今まで苦手息師のあった方もぜひご相談ください。

また当院での胃カメラ(上部消化管内視鏡)は基本的に細い内視鏡を鼻から入れます。そうすることで、

舌の付け根が刺激されることが少なくなり嘔吐反射が出にくくなるため格段に検査が楽になります。

胃カメラを口から挿入するか鼻から挿入するかの説明画像

 

それでも不安という患者さんには睡眠薬を使って寝ている間に検査を行うなどの対策を行うことができます。これらの対策により、いままで「二度とやらない」とおっしゃっていた患者さんも検査が受けられるようになっています。不安な方はぜひ医師に相談してください。


患者さんに説明をする医師の画像


⑤「胃カメラ」は安全なの?


胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)における重大な偶発症としては消化管出血、穿孔(穴が空くこと)が報告されています。
重大なものでは緊急の処置や手術が必要になる場合もあります。

ただし発症割合は軽微なものも含めても頻度は極めて低く、この中には超高齢や全身状態不良などのリスクの高い患者さんに緊急で実施した際に起こったものも含まれています。

このことから上部消化管内視鏡検査安全性は確保された検査であると言えます。

多くの方に実施されており安全性の高い検査であり、常に医療従事者が不測の事態に備えて対応できる体制を整えて実施しています。

医療用手袋を着けた両手でサムアップする画像


⑥専門医から最後に

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)は多くの疾患を発見し早期の治療につなげることのできる非常に価値の高い検査です。

治すことのできる疾患を見逃したり、治療の機会を逃さないためにも定期的な検査をおすすめします。

なお、愛知県名古屋市にある当院(天白橋内科内視鏡クリニック)での検査の流れや費用についてはこちらでご確認いただけます。

野田久嗣(院長)の画像

 

令和3年9月13日 天白橋内科内視鏡クリニック 野田久嗣



天白橋内科内視鏡クリニックのホームページ

天白橋内科内視鏡クリニック外に設置された看板の画像