名古屋市天白区原にあります、天白橋内科内視鏡クリニックです。原駅から徒歩約二分のところにあり、無料駐車場もあります。名古屋市天白区原にあります、天白橋内科内視鏡クリニックです。原駅から徒歩約二分のところにあり、無料駐車場もあります。

ブログ BLOG

胆石など胆道系の病気、胆嚢炎、胆管炎、胆嚢ポリープについて

みなさんお待たせしました。専門医がお答えシリーズです!
お待たせし過ぎたかもしれませんし、誰もお待ちではないかもしれません。
天白橋内科内視鏡クリニックの院長野田です。

https://tenpakubashi-cl.com/staff/

尚、スタッフ募集中です。

https://tenpakubashi-cl.jbplt.jp/


思いつきでオリコン1位、ミリオン獲得のミュージシャンの方にクリニックのテーマ曲を作っていただきました。
暇つぶしによろしければお聞きください。

→Trust〜水明〜(クリック)

 



今回は胆石など胆道系の病気胆嚢炎、胆管炎、胆嚢ポリープについて解説します。


胆道系は普段あんまり意識することがないと思いますが、一回胆石や癌が悪さをすると入院必須の厄介な臓器です。腹部エコーで胆石があるかないかくらいまではわかるので気になる方はご相談ください。

 

脂肪の消化を助ける消化液である胆汁。その胆汁を蓄えて食事をしたタイミングで消化管に放出する役割を持つ臓器が胆嚢です。この胆嚢、その構造からトラブルが起きやすい部分でもあります。今回はそんな胆嚢周辺の疾患について解説をしていきます。


 

◯そもそも胆嚢(たんのう)とは

胆嚢は前述したように胆汁をためておいて丁度良いタイミングで放出するための臓器です。図のように肝臓の下にあり、肝臓で脂肪の消化を助ける消化液である胆汁が作られています。この胆汁をそのままだらだら流していると食事をとっていない時も胆汁が流れていってしまい効率が良くありません。そのため胆嚢に一旦ためておいて食事が入ってきたら胆嚢が収縮して十二指腸に胆汁が放出されるのです。ちなみに胆嚢の中にできた石が胆管に詰まることを胆管結石と言います。(図を参照ください)

 

胆嚢から胆管が出ていてその胆管は胃から少し進んだ腸である十二指腸に開口しています。この経路を胆汁が流れていきます。

 

◯急な腹痛を生じる胆嚢炎・胆管炎

胆嚢は食事のたびに収縮することで胆汁を放出しています。食事の摂取が不規則になるなどの原因で収縮がうまく起きないと、胆汁が胆嚢の中で溜まっている状態が長く続きます。こうなると胆汁の中の成分が結晶化して石になります。これを胆嚢結石、胆石と呼びます。

この胆石、胆嚢の中にただあるだけなら特に問題はありません。問題は胆嚢の出口に詰まってしまったり、胆管に詰まったときです。胆石が詰まってしまうと胆嚢が収縮しようとしても収縮できなくなってしまい痛みが生じます。また胆汁が出て行かずに溜まった状態になってしまい、その部分に感染を引き起こすこともあります。

主な症状はみぞおちの右側の痛み(右季肋部といいます)です。

食後に胆嚢が収縮することから食後に痛みが出やすいのも特徴です。

 

胆嚢炎も胆管炎も感染を伴うことが多いため、抗菌薬の投与を行います。

胆嚢炎の場合は針を刺して胆嚢に溜まった液体を排出するドレナージや、外科的に胆嚢を摘出する胆嚢摘出術を行います。

胆管炎の場合は上部消化管内視鏡(胃カメラ)を使い、十二指腸乳頭切除術という治療を行います。これは胃カメラを使って十二指腸を観察して胆管が十二指腸に開口している部分(十二指腸乳頭)に小さく切れ目を入れたあと、胆管の中に管を通して胆管に詰まった石を取り除くというものです。

 

◯胆嚢の中の隆起 胆嚢ポリープ

胆嚢ポリープは胆嚢の中に小さな出来物ができる疾患です。基本的には2−3mm程度のものがおおく、症状を出すことは稀です。胆嚢ポリープは良性のものがおおく、定期的にエコーなどで経過観察する程度の対応でよいです。10mm以上の大きさのものは胆嚢癌になる可能性があるため、内視鏡エコーなどを用いた精密な検査を実施する必要があります。その結果として癌化する可能性が高いと判断された場合には胆嚢摘出などを検討することがあります。

 

◯胆石ができるのを予防するには

胆石ができない様にするための予防についてみていきましょう。

胆石のリスク因子としては肥満、急激な減量、妊娠回数の増加などがあげられています。

暴飲暴食を避けて規則正しい生活を送ることが重要です。コレステロールや脂質のとりすぎを避けることや、タンパク質や食物繊維を摂取して便秘を予防することが胆石の予防につながるとされています。

食生活が不規則であると感じている人はぜひ生活習慣の見直しを行いましょう。

 

◯まとめ

今回は胆嚢の疾患である胆嚢炎・胆管炎と痰のポリープについて解説しました。

規則正しい生活をしてこれらの疾患を予防することが重要です。また定期的に検診を受けて胆石の有無を把握しておくと万が一胆石による症状が出たときにすぐに医療機関を受診するなどの対応ができます。検診での定期的なフォローが重要です。

全ては患者さんの「もっと早く検査や治療しとけばよかった・・・」を無くしたいから。

詳しくは当院のホームページ(←こちらをクリック)からどうぞ。

令和3年10月25日 天白橋内科内視鏡クリニック 野田久嗣

・医学博士
・日本内科学会認定内科医
・日本消化器病学会消化器病専門医
・日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
・がん治療認定医
ホームページ(←こちらをクリック)
その他のブログ一覧(←こちらをクリック)
当院の採用情報(←こちらをクリック)